ブログ

社長ブログ:目の前にある壁を壊せない・・まさにその壁が私と社員の壁だった。

「社長が何を考えているかわからない」そう言われて、かつてはとてつもない時間と労力をかけて説得や説明をしてきました。

現在、時間の無駄だから理解させるための行為はしない、業務に集中するようにしています。

社員と社長では見る視点、視野、時間軸、予算が違うので考えを理解させることがとても難しいからです。

物理的な壁に存在している壁が、まさに私と社員の壁だったという印象的な出来事を書きたいと思います。

当時営業の浅見からの提案で、地下にあった製品倉庫を1Fに移動したほうが、

出荷の作業が改善されると提案により、製品倉庫を1Fに移動しました。

ここまでは、社員からいい提案が上がり、自分もいい気分でした。

しかし、大問題が発覚じわじわと出てきました。

「出荷するリードタイムが長くなっている」などの報告受けました。

しかも製造部からではなく、他部署からの指摘でした。なぜ自分たちから報告できないでしょう?

製造部の責任者と話しまいた、そして下記の報告を受けました。

「2階から1階の倉庫に完成した製品をしまうのに1時間かかります」

「一生懸命にやって、いろいろ考えてここまでやっている」

本当にまじめ顔をして、何も悪いことをしていないかのような自信のある表情で私に訴えかけてきました。

俺たちはがんばっているだと・・社長に文句言われる筋合いはないとでも訴えかけるような・・

理由は下記と通りです。

製品倉庫エアコンの効きをよくするために作った壁とそのドアのサイズが小さい。それにより、

下せる荷物の数が限定され、なおかつちゃんとしたサイズでおろさないといけないから、それも時間ロスを助長している。

おそらくですが、改築やそのほかの費用も発生していることを考えて、「会社の出費を抑えたい」という発言もあり

社長に相談しないで何とかしないといけない考えてたようです。

「なんで相談しないの?散々会議とか報告することないと聞いているじゃない」・・・

早く言ってよ・・sansanのCMじゃないけどさ・・そんなに私が怖いかな・・言えないのか・・

怒る気にもなれず・・呆れというか、「ここで怒鳴ったりしてだめ・・」と

冷静に自分をなだめるというかそんなことを記憶しています。

私は即座に「その壁とドアを壊せ、今から業者を呼ぶからすぐにやらせる」と言いました。

そして、すぐに工事を実施しました。費用に糸目はつけないからとにかく早くやってくれと言いました。

今までかかっていた時間とコストを計算すると明らかに採算が取れること即座にわかりました。

その後ですが、作業時間は30分に短縮されました。

そのあとは、製造部の責任者から「段差を改善するとさらに短くなる」という提案を受けて

追加工事を実施し、さらに10分短縮されました。

おそらく、最初の報告で怒っていたら「段差の改善提案」はなかっただろうと思います。

「現状の与えられた環境で頑張っている」社員の目線と「全体を眺めて使える予算が違う」社長の目線では、

こんなに違うだと思い知りました。私の中で印象的な出来事でした。

社長の仕事は、このような部分でやっていることを全体に展開できるように決断をすることと、

それをできる幹部を育てていくことだと痛感した出来事でもありました。

現在このようなことに自分たち気が付くことができるために、「環境整備」という活動を会社全体で行っております。

会社の根幹と位置付けて社員全員が活動を行っております。

来年以降はこの活動を通じて変化していく会社の姿をメルマガでお伝え出来たらと考えてります。

また来年も個人的なこと、会社のこと些細なことで気づいたことを書かせてもらえたらと思います。

またメルマガを最後まで読んでいただきありがとうございます。そして毎回ちゃんと読んでくださりありがとうございます。

そして、気になることがあれば間違いをしてきしてくださりありがとうございます。

ご返事をくださり励ましてくださることありがとうございます。

オーツカ光学の製品を売ってくださり、ありがとうございます。

オーツカ光学の製品を購入してくださり、ご愛好いただきありがとうございます。

社長のメルマガ読んでいますと言ってくださり勇気をくださってありがとうございます。

心からたくさん感謝しております。

来年もよろしくお願いいたします。

文末ですが、本年も皆様には格別なご配慮を賜り、心より感謝いたします。

本年も新型コロナウィルスによる影響で難局に直面する状況が続き、

そのご苦労はいかほどかと拝察いたします。先を見通しづらい状況ではございますが、

健やかにお過ごしになれますようお祈り申し上げます。よいお年をお迎えください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る