ブログ

「AR(反射防止)コートレンズ」のご紹介

いつもお世話になっております。照明拡大鏡のオーツカ光学です。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、皆様どのような対策を取られていらっしゃいますでしょうか?
手洗い・うがい・換気・マスク着用など様々な対策で努力されていらっしゃる事かと思います。

現在弊社では、会社に出勤する人数を最小限に抑えるために、テレワークによる業務に移行しており、
電話でのお問い合わせを一旦中止させていただいております。

その為、皆様にはご不便をお掛けしてしまう事となり大変申し訳無く思っております。

さて、こんな時期ではありますが、本年1月より配信開始の「オーツカ光学 営業部メルマガ」を
今月も元気に配信させていただきたいと思います!

第1回目「有機EL作業・検査照明 モデライト EL-F」By 浅見
第2回目「大口径(だいこうけい)ガラススケール GS-A」By 関野
第3回目「ワイドビュースタンドルーペ」By 石瀬
と配信してまいりましたが、その度に「いつ新製品でたの!?」というお問合せを多くいただきました。。。

メルマガを読んで下さっていて本当に嬉しいのですが、実はこれ、新製品ではなく既存の製品なんです。
まだまだ知られている製品が少ない我が社ではありますが、今回はちょっと骨休めも兼ねて

「AR(反射防止)コートレンズ」のご紹介をさせていただこうと思います。(By 中関)

皆さんは仕事中、パソコンの画面に照明や窓からの光が映り込んでしまい、画面が見にくい・目が疲れるという事はありませんか?
私は1日中パソコンに向かう業務内容の為、これが続くと目の疲れから肩こり・頭痛・吐き気と大変な事になってしまいます。

弊社では、目視検査を行う検査作業員の方にも同様の現象が発生するのではないかと考えています。
多数のワークをレンズで見ながら長時間こなす場合、レンズに照明が映り込んでしまっていたら・・・。
どんなに疲労が蓄積されてしまう事でしょうか!?

そこでお勧めさせていただきたいのが、「AR(反射防止)コートレンズ」です。

ARとはAnti Reflectionの略で、直訳してしまうと「反反射」=反射防止となります。

非コーティングレンズと比べて、レンズ面への太陽光や天井照明などの映り込み量を低減することが可能で、
目の疲れからくる疲労軽減だけではなく、作業に集中できる環境を作る事で作業効率アップにも繋がります。

また、レンズの接眼側の反射防止だけでなく、対物側からの光線の透過量を増やして、
検査員が得られる情報量を増やす効果も有り、検査精度の向上にもつながります。

ここで、「ちょっと物申したい!」という声が聞こえてきました。

「もう非コーティングレンズを使っているから、簡単に変えられないでしょ!?」

変えられます!

弊社のレンズは交換レンズ方式を採用しておりますので、現在ご使用いただいている照明拡大鏡本体はそのまま(※)に
レンズだけを簡単に載せ替えて頂く事が可能となっております。

※レンズが金具でネジどめされている旧式の拡大鏡は除きます。

もし、作業員の皆様から「目が疲れる」「他の光の映り込みが気になって集中できない」などのご相談がありましたら、
是非このARコートレンズをお勧めしてみてください。
きっと効果をご満足いただけるものと思います

ここでもう1つ「物申す!」という声が・・・

「購入前に試せないの?」

試せます!

弊社ではデモ機のお貸出しを行っております。
もちろん、レンズのみのお貸出しも可能ですので、弊社HPデモ機のご依頼よりお申込みお願いいたします。
この機会にぜひ一度お試しいただければ幸いです。

今月もお読みいただき、誠にありがとうございました。
それではまた5月にお会いしましょう!

最後になりましたが、この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方と
ご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

また、医療機関や行政機関の方々など、
感染拡大防止に日々ご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る