ブログ

社員が変われば会社が変わる貴重な体験をした

照明拡大鏡(株)オーツカ光学 社長の大塚太土でございます。

はじめに、このたびの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された皆様と、
不安で辛い日々を過ごされているすべての皆様にお見舞い申し上げます。

皆様のお力添えで、弊社は今年 ≪創業81周年≫ を迎える事が出来ました。
今後、自らお客さまの声を聞き、100年企業を目指し、
経営改革を進めてまいります。

その一環として社長のメルマガ配信をさせていただきます。
今回で第10回目となりました。ご一読いただきありがとうございます。

題名:社員が変われば会社が変わる貴重な体験

今回の非常事態宣言では、政府の発表と数字をもとに、経営者としての直感を信じ行動していきました。その中で間違った判断もたくさんありましたが、非常事態宣言のなかたくさん経験をし、学ぶこともありました。やはり人間は失敗からしか学ぶことができません。

1:直感を信じる
最初に感じたことは、だいたい間違っていないものです。例えば、誰かに仕事を提案された時、条件はいいのだけど「なんか嫌だな」と感じる時ってありますよね。理由は自分でもわからないけど、なんか嫌」そんなことありませんか?そういう仕事は引き受けてしまうと、たいていうまくいかない。条件に引っぱられてズルズルと続ければ、自分が嫌な気分になるだけでなく、相手にも迷惑をかけてしまうという、散々な結果になったりする。計算や思考が介入するほど、自分が求めているものと離れていくのです。
当社にも決断ができない人がいますが、大抵の人は直観力という感性を鍛えていないからです。正しい判断はできない、早く判断をして早く失敗をするその経験をし、感性が磨かれる。

2: 日本人は衝撃的な外圧のみ変化できる。
これはよく言われていますが、今回のことで痛感いたしました。テレワーク、リモートに関しては、3年前くらいから準備をして、IT関連には投資をしてまいりました。理由は、若い世代の方にあわせて仕事を変えていく、いつかテレワークリモートワークは主流になり、それを実現できない会社は生き残れないと直感していました。朝礼でも「リモートワークを実現する」とコロナ騒ぎの前から話していました。社員の反応は、「???何言ってのこいつ?また出た??」と私は受け取りました。「うちの息子の世代ですかね・・やれるのは?」と言っていたのが印象的でした。そんな先の話ではないと思うだけどな・・また伝わらないのかと思いました。私は伝えるのが下手だ・・

しかし今回の非常事態宣言でトラブルや課題はあったものの、他社と比べて比較的にスムーズにテレワークが想定したより7年くらい早く実現をしました。変わったのは、会社ではありません、社員でした。外圧により、追い込まれたら変わってくれたのです。今回のことで、苦しい思いをたくさんしましたが、「社員が変われば会社が変わるんだ」と実感をしてくれたと信じたいです。そう感じているとも接していて思います。これからも「バカ社長のバカな直観力を信じてくれ」心からそう願っています。 最後に、社長の言うことを信じないとこの難局は乗り切れないと言ってくれた社員と、この困難の中、何とかしなきゃいけないと感じ、やり切ってくれた社員に感謝をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る