よくあるご質問

お問い合わせの多いご質問を掲載させていただきます。
その他のご質問は、「お問い合わせ」よりメールにてお問い合わせ下さい。

交換レンズシステムの倍率判定方法

BAIRITU

2倍、3倍、4倍、6倍の場合
画像の赤丸のように倍率が表示されております。
SYSTEM-2 ・・・ 2倍
SYSTEM-3 ・・・ 3倍
SYSTEM-4 ・・・ 4倍
SYSTEM-6 ・・・ 6倍

8倍、10倍、12倍、15倍の場合
レンズに装着されているレンズを保持する金属筒に倍率表示シールが貼付されております。

ワイドシリーズの場合
WIDE150RG-2 ・・・ ワイド2倍
WIDE150RG-3 ・・・ ワイド3倍
WIDE150RG-4 ・・・ ワイド4倍
※倍率表記の基本は上記の通りですが、一部旧型につきましては上記のルールに当てはまらないものや交換できないものもございます。その場合は、弊社までお問い合わせください。

ランプハウジングからの放射熱について

Q:作業/検査時に、ランプハウジングからの熱が気になるのですが。
光源が蛍光灯の拡大鏡は、点灯しているときは常時フィラメントに電流を流しフィラメントを予熱し続けるため、調光の状態に関係なく蛍光灯は常に高温です。その熱がランプハウジングに伝わり、金属のランプハウジングが放熱器代わりになるため周囲に熱を放射します。その放射熱が使用条件等により気になる場合があります。

光源がLEDのLSK、LSKs、LEK、LEKsシリーズは
・LED素子からの発熱が蛍光灯より少なく、ランプハウジングからの熱放射が相対的に少ない機種です。
・光量と発熱量は比例関係にあるため、調光ボリュームを絞って光量を絞ると、発熱量も少なくなります。

以上の理由により、熱の問題が解決できる場合があります。

LSK、LSKs、LEK、LEKsシリーズはデモ機のご用意がございますので、是非お試し下さい。
LSK、LSKs、LEK、LEKsシリーズ適合レンズは、ワイドシステムレンズ2倍、3倍、4倍とシステムレンズ2倍、3倍、4倍、6倍です。

 

修理品について

Q:使用している拡大鏡が壊れてしまいましたが、修理は可能ですか?
弊社で製造、販売をした製品の修理を行うことが可能です。
但し、生産終了、及びモデルチェンジから年月の経過した製品については修理対応ができない場合もございますので、ご了承ください。
修理のご依頼は製品購入先の販売店様、もしくは現在お取引をされている販売店様へご相談ください。

修理品送付先:
〒142-0062 東京都品川区小山1-1-4 TEL 03-3491-4126 FAX 03-3491-4120
㈱オーツカ光学 修理担当宛

 

光量調節機能について

Q:照明を調節する理由はなんですか?
照明拡大鏡は、検査対象物と光源の距離が近い為、反射性の有る対象物では光線の反射が過多になってしまい、目の疲労等の原因となります。この様な場合に光量を調節する事で、最適な照度を得る事が可能になります。弊社製品には光量調節機能の有る製品と無い製品が御座います。お客様の状況に合わせてご選択ください。

 

フリーアームについて

Q:F型とCF型の違いは何ですか?
この2機種の相違点はアームの長さです。アーム長は、F型:1.000mm、CF型:680mm。その他の機能は共通です。お客様の使用環境(設置スペース)に応じて、ご選択ください。

 

レンズの互換性について

Q:現在、使用している照明拡大鏡のレンズを、新しい製品に取り付けることは可能ですか?
ゴム製の取付枠が装着された「交換レンズシステム」のレンズで有れば、現在販売をしている製品への取付が可能です。但し、取付枠の径の違う製品や、「交換レンズシステム」を採用していない製品間でのレンズの互換性は有りません。

ページ上部へ戻る